cd ../ (MUDSコロナ禍健康記録アプリ)

このプロジェクトでは、新型コロナウイルスが未だ流行している中、武蔵野大学データサイエンス学部 (MUDS)では対面授業が一部解禁されたと同時に、体温測定がキャンパス入構の条件となったことをきっかけに、体調管理などをより手軽にできるように、とSlack / Webアプリを開発しました。

詳細は下記公式サイトよりご覧ください。

cd ../ 公式サイト


使用したツール: Django (Front / Backend), PostgreSQL (Database), Ubuntu on AWS EC2, NginX (Web Hosting, Reverse Proxy, Routing), Mobirise (Front End), Slack API (Forms / Notifications)

Credit:

Developer for Phase 1: Tyler Inari, Kyosuke Miyamura (MUDS)

Supervisor: Takafumi Nakanishi (MUDS)

Copyright muds-covid-health Project 2020.