Beyond 2021:

2020年、新型コロナウイルス感染症によって、多くの物事に関して「ニューノーマル」なスタイルを求められ、私達は新たな見方で1年間過ごすことになりました。

そのうちの1つが、稲荷くん (MUDS)と私で制作した体調管理アプリ「cd ../」。検温の記録をSlack上で行えるようにし、毎日の体調の記録というニューノーマルな生活を支えるためのアプリとして弊学部に対し、貢献しました。

今年1年間、SA (Student Assistant)として1個下の後輩の授業サポートなどを行う際も、ZoomやSlackを活用し、工夫をしながらリモートで教えたりサポートをしていました。

2020年2月26日、この日から自分の周りではニューノーマルな生活が始まっていきましたが、それでも工夫をしながら過ごしてきた、そんな1年だったと振り返り思いました。

2021年、「アフターコロナ」と呼ばれるような世界が待っていますがどのような世界になっていくのか、誰も想像できません。

大学に行けるのか、学会発表はどうなっていくのか、好きなアーティストのライブはあるのか。

そんなことを考え、不安の残る年越しとなります。

Beyond 2021:

2021年はどんな年になるのでしょうか?


【メッセージ】

2020年は皆様大変お世話になりました。

今年1年、様々なことがありすぎてMUTBが懐かしく感じるほどです。

去年に引き続き、今年も中西先生・岡田先生のもとで音楽関係の研究をやらせていただき、現在論文も書いていたりしているところです (前期は中村先生でしたが後期は中西・岡田先生のところに戻ってきました)。論文執筆に関しては中西先生・岡田先生にはご協力・ご指導いただきありがとうございました。 (2つめの論文に向けた実装、なかなか進捗が出せずすいません…)

cd ../に関しても、中西先生を中心にご協力いただき、稲荷くんと制作したアプリを学部内でつかっていただき、更にはメディアに取り上げていただいたりSlackの中の人などにTwitterで拾っていただいたり、本当に感謝です。アプリのアップデートが追いついていませんが、政府のコロナ感染を疑ったほうがいい症状が更新されていたりするので、それに併せてどんどん来年アップデートしていければと思っております。

来年の頭からは自分が行っていた研究の成果発表ができたりと、なるべく明るいニュースをお届けできると思いますので、今後とも皆様よろしくお願いいたします。

2021年はよい年でありますように。良いお年を!